鉄道模型購入日記

KATO、TOMIX 、外国製品 etc...今まで購入してきた鉄道模型車両コレクション

TOMIX 583系(品番98625)購入しました

TOMIX 583系 (クハネ581シャッタータイフォン)(品番98625)が我が家にやってきました。

f:id:gk6si001:20170616232942j:plain

 

鉄道模型歴30数年にして、初めての583系購入です。

f:id:gk6si001:20170616233130j:plain

 

さっそく、クハネ581を取り出してっと。。。ん?

f:id:gk6si001:20170616233441j:plain

あれ? 特急マークとJNRマークがないですよ!

 

トリセツ見てびっくり! 特急マーク含めこんなにパーツの取り付けが!

f:id:gk6si001:20170616233754j:plain

その中でも一番驚愕したのが、「JNRマークと車体番号は、転写シート」。。。転写シート、大の苦手なんです。

 

う~ん。。。これは参ったな。。。

 

パーツ取り付けは、後日じっくりやろうっと。(転写シートは?)

 

と、購入当日はこんな状況だったのですが。

とりあえず、やってみたかったことをあとふたつだけ。

 

◆その1・・・新旧寝台電車の並び

f:id:gk6si001:20170617000434j:plain

285系サンライズエクスプレスと並べてみました。

こうして見ると「隔世の感」がありますね。外見だけではなく室内の居住性も全然違いますし。

ただし、両車とも製造当時に求められていたものや時代背景は全く異なりますし、そもそも583系は「昼夜兼用電車」ですので、285系と単純に比較するのはよくないかもしれませんが。。。

 

◆その2・・・485系との並び

f:id:gk6si001:20170617002158j:plain

485系ヘッドマークが少しずれているのはご愛嬌。。。)

私が子供のころは、特急電車と言えば485系583系でした。

国鉄」という感じがして、懐かしい!

ちなみに左手の485系は、KATOの旧製品。購入して30年以上経っている車両です。

 

ところで。。。

 

1か月ほど前のブログでワタクシは、今年は家計の都合がある中、あと、

 KATO E4系「Maxとき」(10-1427)

 TOMIX JR5000系 & 223-5000系 マリンライナー

をなんとか買えるよう頑張る旨 記しました。

tatamirm-dairy.hatenablog.com

にもかかわらず、今回583系を買ってしまいました。

別に懐が暖かくなったわけではありません。

そう、物欲に負けただけです。

おかげで、E4系の購入が厳しくなってきました。。。泣

 

トミックス 98968 《限定》583系特急電車〈きたぐに・国鉄色〉 10輌セット

トミックス 98625 583系特急電車(クハネ581シャッタータイフォン) 6輌基本セット

トミックス 92327 583系特急電車 増結2輌セット(M)

トミックス 92849 583系電車(きたぐに)6輌基本セット

トミックス 92850 583系電車(きたぐに)2輌増結セット(M)

KATO C57 山口号タイプ

KATO C57 山口号タイプ(品番2007-1)

私が唯一所有している蒸気機関車です。

f:id:gk6si001:20170611152605j:plain

 

C57は、Nゲージモデルの中では古くから製品化されており、現在は各メーカーから様々なバリエーションが発売されていますが、私のものは30年以上前のモデルです。

f:id:gk6si001:20170611153015j:plain

 

モーターがキャブからはみ出ています。

f:id:gk6si001:20170611153426j:plain

クオリティは現行製品と比較すると「おもちゃ」のようなモデルですが、これでも当時の価格は8,500円(定価)。Nゲージ車両の中でも高価な製品でした。

 

ちなみに、集煙装置は取り外し可能です。

f:id:gk6si001:20170611154932j:plain

個人的には、集煙装置はアクセントとして結構好きなんですけどね。

 

ところで、我が家のC57。購入以来30数年間ずっと解消されていない問題がありまして。

それは、牽引する客車を買っていないこと。

 

やまぐち号用の客車買わなきゃと思いつつ、と言っている割には購入意欲が湧いてくることもなく、そうこうしているうちに30数年の時が経ってしまいました。

(とりあえず、スハ44系や20系を引っ張らせたりしているのですが、個人的にはしっくりこなくて。)

 

しかし、ここにきてようやく「これは!」と思える車両が!

trafficnews.jp

そう、新しい「やまぐち号」用客車、35系ですよ!

最新鋭なのに、しっかり「旧客」感を出している雰囲気がいいですね~。

まだ、どのメーカーからも製品化発表されていませんが。。。

発表されたら、買いたいですね~。

 

カトー 22-202-8 サウンドカード〈C57・C59〉

TOMIX 185系(品番2351~2355)

TOMIX 185系電車です。

f:id:gk6si001:20170604204208j:plain

私が所有している185系電車は、30年以上前に小学生か中学生の時に購入したもの。

当時は、セット販売ではなく単品販売でした。

 

クハ185形(品番2351)

f:id:gk6si001:20170604205303j:plain

やっぱり185系はストライプ」だと思うんですよ。

なお、30年以上前の製品ですからJR誕生前であり「国鉄電車」としてのモデルです。

ですので、車体には「JRロゴ」はなく「JNRマーク」があります。

 

フロントの「特急マーク」は塗りつぶされてしまっています。(製品仕様です)

f:id:gk6si001:20170604210726j:plain

 

モハ185形(2352)

M車です。

f:id:gk6si001:20170604210112j:plain

以前ご紹介した西武5000系レッドアロー同様、室内はど~んと動力ユニットでいっぱいに。

見た目の軽快感な塗装に反して重量級のモデルです。

tatamirm-dairy.hatenablog.com

 

モハ185形(2353)

品番2352の動力無しモデルです。

画像は省略します。

 

モハ184形(2354)

f:id:gk6si001:20170604211523j:plain

プラ車輪です。

当時、M車でもなくライト点灯もない車両はプラ車輪が一般的でした。

 

サロ185形(2355)

グリーン車です。

f:id:gk6si001:20170604212005j:plain

ちょっとわかりづらいですが、窓枠が金色になっています。

 

あと、形式としてはサハ185形がありますが、私は持っていません。

買い忘れたのか? それとも製品化されていなかったのでしょうか?

 

「251系スーパービュー踊り子」紹介の時にも掲載しましたが、もう一度この画像を。

f:id:gk6si001:20170604215147j:plain

tatamirm-dairy.hatenablog.com

 

実車としての185系電車は引退の声を聞くようになりましたが、我が家では大事に走らせていきたいと思います。

 

ペンギンモデル 【行先側面方向幕シール】18 183・185系/L踊り子・あまぎ・伊豆・はまかいじ

カトー 10-1411 251系「スーパービュー踊り子」新塗装 6輌基本セット

カトー 10-1412 251系「スーパービュー踊り子」新塗装 4輌増結セット

MODEMO 東京都電8800形 イエロー

私の鉄道模型コレクション、今日は路面電車を紹介します。

 

MODEMO 東京都電8800形 です。

f:id:gk6si001:20170530212359j:plain

(フロントガラス下にある黒い「点」のようなものは、付属のワイパーを取り付けるための穴です。)

 

近年、東京都電では急速に車両の置き換えが進んでおり、7500形が2011年に引退。そして、7000形が一部は7700形に更新されたものの、今年6月で引退することになりました。

www.kotsu.metro.tokyo.jp

実は、ワタクシ、通勤で毎日都電荒川線沿いを歩いているのですが、荒川線を走っている電車の顔ぶれはこの 1~2年あまりで急速に様変わりした印象があります。

 

サイドビュー。

f:id:gk6si001:20170530210054j:plain

MODEMOからは実車同様「ローズレッド」「バイオレット」「オレンジ」「イエロー」全4色発売されましたが、私が持っているのは「イエロー」のみです。

経済的余裕があれば、全色揃えたいんですけどね~。

 

側面をさらにアップ。

f:id:gk6si001:20170530211331j:plain

車体の文字等の印刷も鮮明に仕上がっています。

行先表示は「早稲田」行きとなっていますが、付属のシールで変更が可能です。

また、車内はモーターが目立ちますが、台車含めた床下機器は実感がある造りになっていると思います。

 

f:id:gk6si001:20170530212529j:plain

屋根上の機器類もよく出来ていると思います。

 

モデモ NT143 東京都電 8800形 イエロー

モデモ NT149 東京都電 8800形 ローズレッド

モデモ NT151 東京都電 8800形 オレンジ

モデモ NT152 東京都電 8800形 バイオレット

Bトレインショーティー 路面電車12 東京都交通局7000形(赤帯)&7500形(青帯)

カミさんの居ぬ間にお座敷レイアウト走行会

 前回の記事からのつづきです。

tatamirm-dairy.hatenablog.com

お座敷レイアウトの展開完了!

カミさんが帰ってくるまでどんどん列車走らせますよ!

 

◆KATO E655系 なごみ

f:id:gk6si001:20170528223744j:plain

「特別車両」連結するの忘れてしまった。。。

f:id:gk6si001:20170524004924j:plain

 

◆KATO 885系 白いソニック

f:id:gk6si001:20170528224428j:plain

現在は、KATOから2次車「アラウンド・ザ・九州」が発売されていますね。

 

カトー 10-1394 885系(2次車)〈アラウンド・ザ・九州〉 6輌セット

 

テーブル下からのアングルで。

f:id:gk6si001:20170528224504j:plain

 

◆KATO EF81トワイライトエクスプレス色 + コキ200「日陸」「神岡鉱業」積載

トワイライトエクスプレス、以前に24系客車を紹介しましたが、

tatamirm-dairy.hatenablog.com

もちろん、EF81も持っていますよ。

まだ、ナンバープレートを取り付けていませんが。。。

f:id:gk6si001:20170528225552j:plain

コキ200の2両は、この日が初走行。一体買ってから何年経っているんだろう。

実は、コキ200は「ISOタンク」積載も持っているはずなのですが、ちょっと今、行方不明で。

 

◆HOBBYTRAIN OBB Railjet オーストリア鉄道175周年記念塗装

ここで突如欧州型です。

Railjet に、オーストリア国旗のラッピングを施したスペシャル編成。

オーストリア国旗のはためくラッピングがよく表現されており、見ていて惚れ惚れします。

f:id:gk6si001:20170528234101j:plain

その反面、走行性能は「問題児」でして、勾配を上ることができず。

HOBBYTRAIN Railjet の問題点については、別途 up します。

 

◆KATO 285系 サンライズエクスプレス

気を取り直して、日本型に戻ります。

f:id:gk6si001:20170528231836j:plain

私が持っているのは、旧仕様。車端部床下機器が無い仕様のものです。

追加販売された床下機器パーツは買っているんですけどね、数年前に。

f:id:gk6si001:20170528231919j:plain

あと、室内灯も。

いつ取り付けるのだか。。。

 

カトー 11-221 LED室内灯クリア 285系用 7輌分入

カミさんの居ぬ間にお座敷レイアウト

鉄道模型通販 鉄ホビ

 

我が家の鉄道模型「お座敷レイアウト」なのですが、部屋が狭くて何時でもレールを敷いて走らせるということはできません。

 

しかし、つい先日、休日の日にウチのカミさんが所用で夜遅くまで外出することになり、ひとりでお留守番することに。

ということで、カミさんの居ぬ間、リビングで家具を移動させてお座敷レイアウトを展開しました。

5月になってようやく今年初めての走行です。

f:id:gk6si001:20170523214550j:plain

高さが違う2つのテーブルを使って立体的なレイアウトに。

この日のために中古で買い集めた TOMIXれんが橋脚 をあるだけ使い、それでも高さが足りない箇所は組み立て家具の余って未使用だった具材を使って構築。

f:id:gk6si001:20170523223638j:plain

TOMIXれんが橋脚は、ブロックの要領で5mm単位で高さを変えることができるので重宝します。しかし、まだまだ買い足さなくては。。。

 

テーブル下に付いている棚も活用してレールを配置。

f:id:gk6si001:20170523220728j:plain

テーブル下を通る箇所は、トンネル風、地下鉄風な感じになりました。

 

◆レールを敷いてはみたものの。。。

このレイアウト、問題点が2つありまして。

 

新幹線が走れない

カーブにはTOMIX C243を使用しており、ちょっと無理。

C280以上のカーブレールも所有しているのですが、スペースの関係で今回はあきらめました。

。。。そんなわけで今年購入した TOMIX JR 500-7000系 TYPE EVAは、いまだ一度も走らせていません

 

欧州型ダブルデッカーが走れない

City Night Line や IC2000などの欧州型ダブルデッカーは、勾配がきつくて車体底を擦ってしまいます。

f:id:gk6si001:20170523231419j:plain

勾配はTOMIX推奨レベルなのですが、もっと勾配を緩やかにするか勾配なしにするかしかないですね。

 

◆試走

なにはともあれ、試走してみます。

我が家で最も安定走行する車両、モロE654(KATO E655系なごみ より)を使って試走開始。

f:id:gk6si001:20170523235317j:plain

今年初走行とは思えないほど車両もレールも良好。

 

テーブル下もパンタを上げなければ、走行できそうです。

f:id:gk6si001:20170524003019j:plain

 

ここに至るまで、およそ3時間経過。

次回は、「自宅走行会」の様子をupします。

f:id:gk6si001:20170524004924j:plain

 (つづく)

 

トミックス 98959 《限定》500 7000系山陽新幹線(500 TYPE EVA)8輌セット

カトー 4935-1 特別車両

トミックス 91027 レールセット立体交差化セット(Cパターン)

カトー 20-871 V12 複線立体交差セット

TOMIX 西武5000系レッドアロー(品番2601、2602、2604)

鉄道模型通販 鉄ホビ

 

TOMIX 西武5000系レッドアローです。

f:id:gk6si001:20170519215605j:plain

西武5000系は、TOMIXから度々発売され最近はKATOからも発売されましたが、私が所有しているのは、30年以上前にTOMIXから発売された製品です。

私が中学入学する前後ぐらいに買った記憶があります。

 

前回、TOMIXからJR5000系マリンライナーが発売される記事をupしましたが、

tatamirm-dairy.hatenablog.com

「そういえば、『5000系』ってどこかで見覚えが。。。」と思い、数年間開けていなかった段ボールを開けてみると、

f:id:gk6si001:20170519220416j:plain

見つけました、西武の5000系

というわけで、皆さんにご紹介です。

 

クハ5500形(品番2601) なお、奇数番台、偶数番台の区別はありません。

f:id:gk6si001:20170519221011j:plain

クオリティーは後発品が良いに決まっていますが、旧製品も30年以上前の製品と思えば、なかなかなものではないでしょうか。

f:id:gk6si001:20170519221744j:plain

ヘッドマークシールの剥がれ具合が30数年の時の流れを感じさせます。。。

ヘッドライト点灯します。テールライトは無しの仕様です。

(なんだか車輪が脱輪しているような。。。ご愛嬌で。)

 

モハ5000形奇数番台(2602) M車です。

f:id:gk6si001:20170519223046j:plain

室内いっぱいに動力ユニットがど~んと入っています。もちろん、室内灯は付けられません。

しかし、当時のM車はこんなものでした。

 

モハ5000形偶数番台(2604)

f:id:gk6si001:20170519224256j:plain

オプションで室内灯がつけられますが、車輪がプラのため車輪の交換が必要です。

当時はプラ車輪も一般的な仕様でした。

 

実車については、私は結局乗ることがないまま引退となってしまったのですが、数年前に思わぬ形で乗車することができました。

f:id:gk6si001:20170519231043j:plain

富山地方鉄道16010形です。

富山に旅行に出掛けた時に偶然乗ることができました。

f:id:gk6si001:20170519231438j:plain

車内の雰囲気は、特急そのもの!

快適でした。

 

カトー 10-1400 西武40000系 基本4輌セット

カトー 10-1401 西武40000系 増結セットA(4輌)

カトー 10-1402 西武40000系 増結セットB(2輌)

グリーンマックス 4377 西武30000系・新宿線 8輌セット